ウェディングドレス

白を基調としたウェディングドレスは、結婚式の前にブライダルフェアなどでも試着が可能です。そんなウェディングドレスの由来は古代エジプトへと遡ります。特に清楚で洗練されたイメージを持つ純白の衣装が、古代のエジプトやギリシャで用いられたのが始まりとされています。欧米では中世にキリスト教の儀式服が、婚礼衣装として用いられていました。しかしルネッサンス期と呼ばれる16世紀になると晴れ着を結婚式の衣装として使用するようになり、ウェディングベールが白でドレスは多彩な色合いが目立つようになっていきました。

またウェディングベールの色が白の結婚式を行なったのは、スコットランドの女王であるメアリー・スチュアートとされています。そうした時代の変化と共に、ウェディングドレスは16世紀を過ぎた辺りから徐々に変化し始め、現在のウェディングドレスが定着するようになりました。

ウェディングドレスが白のイメージを定着させたのは、19世紀後半だといわれています、大英帝国のビクトリア女王が結婚式で着用したシルクとレース生地のウェディングドレスが花嫁衣裳のシンボルとなったことがきっかけでした。それもヴィクトリア王朝では女性の処女性を理想化していたため、純真無垢なイメージを持って白のドレスが上流階級の花嫁たちの間で大流行しました。そんな白の花嫁衣裳は庶民の女性たちの間にも広がっていき、イギリスで現代まで語り継がれてきたのです。 当サイトではウェディングドレスに纏わるジンクスや、日本へウェディングドレスが広まった経緯などをご紹介します。

▽特選サイト
ウェディングドレスブランドDIANLEE(ダイアン・リー)のドレス紹介サイトです ⇒⇒⇒ ウェディングドレス ブランド

Copyright © 2014 ウェディングドレスの由来 All Rights Reserved.